安全への取り組み / APPROACH TO SAFETY

輸送の安全基本方針

  1. 経営者は、運輸の安全に関する基本方針及び目標・計画を策定するとともに、輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全を指導します。
  2. 全従業員に対し、輸送の安全の確保がもっとも重要であるという意識を徹底させ、人命を第一として輸送の安全性の向上に努めます。
  3. 交通法規、条例およびその他の基準を順守し、安全最優先の原則を徹底するとともに、環境保護に対する取り組みをおこないます。
  4. 輸送の安全に関する情報を公表します。

安全・セキュリティ・環境に配慮した取り組みについて

01車両日常点検・整備

車が安全に走行するには、日頃から車を点検整備する必要があります。整備不良による事故発生を未然に防ぐとともに、環境負担の軽減に繋がります。運行前点検を行うだけではなく、車両整備計画にそって、当社の車両整備を担う「セイコーオートサービス(指定整備工場)」で一カ月、三カ月、一年点検を実施し、車両不備による事故撲滅に取り組んでいます。

02クラウド通信型デジタコの全車導入

GPS内蔵型のデジタコの導入により、作業日報の自動出力だけでなく、ドライバーの運転状況・場所等リアルタイムに把握できスムーズな配車管理を行い無駄な走行・時間を省きます。お客さまからの到着時間の問い合わせや、急なオーダーに対してもGPSの情報をもとに全車の位置把握が出来るため、お客さまにとって最短最善な車両の手配が可能となっています。

03ドライブレコーダー全車導入

ドライブレコーダーは、運転中の急ブレーキや危険な挙動をもとに、前後の映像が記録できる他、カメラで撮影した写真を記録する機能を備えています。ドライブレコーダーの導入により、ドライバーの運転特性が把握できるとともに、客観的な運転評価ができるようになりました。模範となるドライバーを讃えることも可能になり、安全運転教育のツールとしても活用しています。

04バックアイカメラ導入

駐車場でのバック進入時などに、後方視野に入りにくい歩行中の子供や小さな障害物などを確認できるため、発生頻度が高いとされているバック事故を未然に防ぎます。最新のモニターは夜間での視認性も良く、かなりの鮮明な画像で安全確保に貢献しております。

05被害軽減ブレーキ・衝突回避ブレーキ・先進視覚サポート技術(VAT)

前方車両との車間距離と相対速度をレーダーで監視し、衝突の危険性がある場合には段階に応じて「警報音」を発し、ドライバーに回避操作を促します。回避が間に合わないと判断した場合は「警報音+強いブレーキ」で衝突でのダメージを軽減します。

06Gマーク取得(安全性優良事業所認定)

全国貨物自動車運送適正化事業実施機関である公益社団法人全日本トラック協会は、トラック運送事業者の交通安全対策などへの事業所単位での取り組みを評価し、一定の基準をクリアした事業所を安全性を正当に評価し、認定し、公表する制度です。この制度は、利用者側から事業者を選びやすくするとともに、安全性向上を支援しています。

GマークのHPはこちら

07グリーン経営認証取得

グリーン経営認証は、交通エコロジー・モビリティ財団が認証機関となり、一定のレベル以上の取組みを行っている事業者に対して、 審査の上認証・登録を行うものです。 事業者の環境改善の努力を客観的に証明し公表することにより、認証事業者に対する社会あるいは利用者の理解と協力を得て、 運輸業界における環境負荷の低減につなげていくための制度です。

グリーン経営のHPはこちら

08ヒヤリハット映像視聴

社内の活動の一環として、定期的に乗務員よりヒヤリハットを提出してもらい、社内で共有化・閲覧を行っています。またドライブレコーダーの映像もパソコンに保存し、全員がいつでも閲覧可能な環境を整えています。定期的にミーティングも行いそれぞれの事故に対する意識の向上にも努めています。

09対面点呼・アルコールチェック(24時間管理)

本社、営業所ともに24時間体制で、運行管理者による運行前・後の点呼・飲酒チェック及びドライバーの健康・心理状態もチェックし、安全な乗務の可否を判断し安全運行実施と飲酒運転の防止に努めます。また対面点呼・IT点呼内容をシステムで記録・管理することにより、業務時間外での運行管理者の負担を低減するとともに、安全対策や安全教育などの持続継続的な強化に繋げております。

10健康経営(健康促進活動の実施)

健康経営とは健康管理を経営的視点から考え、 戦略的に実践することを意味しています。企業が従業員の健康に配慮することにより、単に医療費という経費の節減のみならず、生産性の向上、従業員の創造性の向上、企業におけるリスクマネジメントとしても重要です。健康管理を組織戦略に則って展開することが、企業経営にとって重要になっていくものと考えられます。

11事故ゼロ活動(全体安全講習会)

社内において安全運転・作業を指導、マニュアル化し情報の共有化を行い周知徹底する安全運転セミナーを定期的に開き、様々な分野の専門家を招き運送・作業・サービス等全員が高い意識を持つよう活動している。

12運転適正診断システムの導入(NASVA)

NASVAのネット適性診断を利用することにより、社内にいながらパソコンでの診断ができます。ドライバーの運転に関する癖や長所・短所を分析しアドバイスすることにより運転にかかわる事故の低減につながります。

13トラック門型洗車機

生興運送では自社構内に大型トラック用の洗車機を完備しています。洗車も全自動でラクラク。いつもピカピカ気持ちよく仕事が出来ます。仕事後のドライバーさんにとって、役に立つ欠かせない、強い味方です!トラックの左右・上部はもちろんのこと、下部洗車機能も付いています。

14自家用給油所

自家用給油所を完備しています。仕事が終わってから寄り道することなく帰社でき、帰社後すぐに給油が出来ます。コスト削減や給油移動時間の短縮が行えます。

15連続無事故表彰制度

安全に関する表彰制度として、ドライバーを対象に連続無事故表彰制度を設けています。ドライバーの交通・物損・商品破損事故の連続無事故日数が1年、3年、5年、10年(以降5年ごと)に達すると表彰される制度で、毎年12月に表彰式を行います。新人ドライバーから20年以上無事故継続中の模範ドライバーまで全員が安全運転に取り組んでおります。